ECC評判・体験談
ECC評判・体験談>料金・システム

ECCの料金を徹底的に調査!格安でマンツーマンを受ける裏技

英会話教室を決める際、最も気になるのが受講料だと思います。 ECCは安さを売りにした格安英会話教室ではないので、料金は決して安くありません。

ただ、他の大手英会話スクールと比較してみると、ECCはそこまで高いとは言えないでしょう。
このページではECCの料金システムから、イーオンやNOVAなど他のスクールとの比較、格安でマンツーマンを受ける裏技など、 詳しく解説します。

ECCの受講料と料金システム

ECCの料金システムはポイント制を採用しています。 ポイント制とは最初にある程度まとまったポイントを購入し、そのポイントを消費する事でレッスンを受講できるシステムのことです。

ECCのポイント単価
入学金21,600円
1ポイント2,280円〜
レッスン時間40分
ポイント有効期限1年間

この1ポイントで40分のレッスンが1つ受講することが出来ます。

また、ECCではポイントをたくさん購入すればするほど1ポイントあたりの単価が安くなる仕組みになっています。 もし、240ポイント購入すれば、1ポイントあたりの単価が2,280円となるので、40分のレッスン1つが2,280円ということになります。

ECCの料金表
ポイント数ポイント単価(税込)
240\2,280
200\2,390
160\2,490
140\2,600
120\2,700
100\2,910
80\3,130
50\3,660
30\3,910
1〜29\4,020

例えば、最初にポイントを200ポイント購入した場合、受講料の合計は2,390×200で合計478,000円です。 1ポイントで40分のレッスン1つ受講できるので、この金額で133時間20分のレッスンを1年間受講することが可能です。

また、この受講料の他にもテキスト代が別途かかります。 受講するコースによってもテキスト代は異なりますが、基本的には年間で数千円程度、どんなに高くても1万円以下なので、テキスト代のために支払い金額が極端に増えることはありません。

ほとんどのテキストはECCが独自で出版しているものなので一般の書店では購入できません。 受講するコースが決まったら、ECCの各スクールでテキストを購入します。

受講料の分割払い

基本的にECCの受講料は前払い制となっています。
ただ、希望すれば分割払いも可能です。 この場合、ECC自体が分割払いを受け付けているのではなく、ECC側が利用しているローン会社を通す必要があります。 ローン会社に多少手数料を持って行かれますが、実質分割払いをする事が可能です。

ポイントには有効期限がある!

購入したECCの有効期限は1年間です。 ポイントを多く購入しても少なく購入しても、この有効期限は変わりません。

ECCの英会話レッスンは毎週同じ曜日同じ時間に受講するレギュラーのレッスンと、毎回好きな時間に予約をして受講するフリータイムレッスンに大きく分かれています。
レギュラーレッスンの場合は毎週レッスンを受講することが決まっているので、連絡無しに休んでしまうと勝手にポイントが消費されてしまいます。 その場合、ポイントが無駄になってしまうので、急な用事でこれない事が分かったら、レッスンが始まる前にきちんと連絡をすれば、別の曜日または別の校舎で振り替えレッスンを受講できます。

毎回好きな時間に予約を行うフリータイムレッスンの場合、一度予約をすると、予約したレッスンに関しては、お休みをするとポイントが消費されてしまいます。 しかし、前営業日の午後5時までに連絡をすれば、ポイント消費無しでキャンセルをする事も可能です。

毎回好きな時間に予約をする形式なので、予約をしない限りポイントは消費されません。 そのため、自分できちんとスケジュールを組んで予約をする必要があります。

忙しいからと言って、予約をせずに怠けていると、有効期限ギリギリになってから慌ててレッスンを受けることになってしまいます。
そのため、レッスン単価が安くなるからと言って、多くのポイントを購入するのではなく、 無理の無いポイント数を購入し、きちんと自分でスケジュールを組んで受講していきましょう。

有効期限はどこの英会話教室でも最大1年

以前のECCでのポイント有効期限はポイント数に応じて最大2年まで有効期限が設定されていました。
しかし、2007年に起きた大手英会話教室NOVAの経営破綻などの影響で、現在はどこの英会話教室でも授業料の前払いは1年後までと決められています。

NOVAでは強引な勧誘を使い、3年先の受講料まで生徒に支払いをさせた上に、レッスンの予約がほとんど取れず、消費者センターに苦情が殺到していました。 その上、役員が会社の金を使い込み、講師の給料や校舎の家賃なども支払うことが出来ず、結局は経営破綻してしまいました。

NOVA騒動以前にも大手英会話教室の倒産が相次いでいたため、現在ではポイント制を採用している英会話教室の場合、 ECCに限らずどこの英会話教室でもポイントの有効期限は最大で1年となっています。

そのため、きちんと自分でスケジュール管理を行い、1年で消費できないようなポイント数は購入しないようにしましょう。

有効期限が切れても救済策がある

ECCのポイント有効期限は1年ですが、どうしてもポイントを消費しきれない場合救済策が残されています。

ECCではポイントを3ポイント使うことによって有効期限を3ヶ月延長することが可能です。
3ポイント分のレッスンが無駄にはなってしまいますが、残りのポイントをすべて無駄にするよりかはマシなので、 どうしても消費できない場合はこの有効期限延長制度を利用しましょう。

体験レッスンのWEB申し込みで入学金免除

英会話教室へ通う前に必ず体験レッスンを受けると思います。
英会話教室の受講料は決して安くないので、受講内容やスクールの雰囲気、メソッドなどをきちんと理解しないで、 いきなり申し込むのはリスクが大きすぎます。 そのため、どこのスクールでも無料の体験レッスンを受講する事が出来ます。

実はECCの場合、この無料体験レッスンをWEB上から申し込みを行うことで、キャンペーンが適用され21,600円の入学金が免除されます。
体験レッスンは各校舎へ直接電話でも予約が可能ですが、このキャンペーンはWEB限定キャンペーンなので、 電話で予約をしてしまうと、このキャンペーンが適用されず、入学金を支払う必要があるので注意が必要です。

体験レッスンを受ける前だと、ECCについて何も知らない状態なので、まだ申し込みをするかどうかは全く分からないでしょう。
しかし、もし無料体験レッスンを受講後、ECCが気に入り申し込みをする事になった場合、入学金が免除されます。 そのため、例えECCで申し込みをするか全く分からない段階であっても、急ぎで無い限りはWEB上から体験レッスンを申し込んでおくことをお勧めします。

※入学金無料キャンペーンは終了している場合もあるのでECC公式ページで確認してください。

イーオンやNOVA、他の英会話スクールとの料金比較

英会話教室はスクールによって受講料が変わってきます。 受講料が安いところもあれば、極端に高いスクールも存在します。

イーオンやNOVA、シェーンといった大手英会話教室はたくさんありますが、 あまりにも極端に受講料が安いスクールを選んでしまうと、レッスンの質が低かったりスタッフの対応が悪いなど、 契約後に後悔してしまう事も少なくありません。

ECCの受講料は決して安くはありませんが、他の大手英会話教室と比べると同じぐらいか、もしくは少し安い程度の料金設定になっています。 しかし、マンツーマンレッスンに関しては少し割高感があるかもしれません。

グループレッスンの料金
スクールレッスン単価(税込)レッスン時間レッスン最大人数
ECC
公式ページ
\2,280〜40分4人
NOVA
公式ページ
\2,500〜40分4人
Berlitz
公式ページ
\3,600〜40分3人
Shane
公式ページ
\2,100〜40〜50分6人
COCO塾
公式ページ
\3,300〜50分6人
AEON
公式ページ
\2,500〜50分8人

グループレッスンで比較的料金が安いのがECCとシェーンです。
しかし、レッスンの人数が最大6人なので、ECCと比べると話す機会が少なくなる可能性があります。

次に安いのがイーオンとNOVAです。
NOVAはECCの同じようにグループレッスンでも予約制を採用しているのが特徴です。 イーオンは毎回同じ曜日、同じ時間に受講する固定制クラスなので、柔軟に対応できるの点でECCやNOVAがお勧めです。

マンツーマンの料金
スクールレッスン単価(税込)レッスン時間
ECC
公式ページ
\9,120〜40分
NOVA
公式ページ
\7,500〜40分
Berlitz
公式ページ
\6,800〜40分
Shane
公式ページ
\5,800〜40〜50分
COCO塾
公式ページ
\8,700〜50分
GABA
公式ページ
\6,800〜50分
AEON
公式ページ
\7,700〜50分

マンツーマンで特に高いのがECCです。
グループレッスンでは柔軟な予約制を採用するなど、コスパは非常に高いのですが、 マンツーマンになった途端、コスパが一気に悪くなります。

しかし、ECCのマンツーマンは裏技があり、場合によってはグループレッスンの料金でマンツーマンを受講する事が可能です。

格安でマンツーマンを受ける裏技

ECCでマンツーマンレッスンを受ける場合、他のスクールと比べると少し割高なように思えます。
しかし、ECCでは裏技により他のスクールよりはるかに格安でマンツーマンレッスンを受ける方法も存在します。

ECCのマンツーマンレッスンはフリータイムレッスンと呼ばれるクラスを受講することになります。 フリータイムレッスンとは毎回好きな時間、好きな曜日に予約を行い受講する形式です。

フリータイムレッスンの予約は早くて希望するレッスンの2週間前から行うことができます。 逆にレッスンが空いてさえすれば、レッスン開始の5分前に予約をすることも可能です。

マンツーマンレッスンを格安で受講するためには、まずグループレッスンを受講することをお勧めします。
一般的なスクールだとグループレッスンを受講してしまうと固定制のクラスになってしまうのが欠点です。 毎回曜日と時間が完全に決められており、振替などの例外な措置をとらないと変更することはできません。

しかし、ECCのグループレッスンでは他のスクールとは違い予約制を採用しています。
フリータイムでグループレッスンを受講した場合、生徒の人数は最大で4人です。 ただ、あくまで最大で4人なので、自分が予約したクラスで4人集まらなければ、レッスンはそのまま開始されます。

つまり、平日の昼間など人が少ない時間帯でフリータイムレッスンの予約をすれば4人集まらない可能性が高く、運が良ければマンツーマンになる可能性が高くなります。
当然ですがグループレッスンを受講しているので、人数が集まらなく仕方なくマンツーマンレッスンになってしまった場合、消費するポイントは1ポイントのみ、 つまりグループレッスンの料金でマンツーマンレッスンを受けることが可能です。

もちろん、必ずマンツーマンレッスンになるとは限りませんが、場合によっては2人だけなど、 少人数のクラスになる可能性は大いにあり得ます。

ECCであえて、マンツーマンレッスンを受講してしまうと他のスクールよりも比較的料金が高額になってしまいますが、このようにグループレッスンを利用した 裏技を使えば格安でマンツーマンレッスンや少人数制クラスを取ることが可能です。

ECC月謝制

また、あまり知られていませんが、 前金で払ったり、ローン会社を通すことに不安がある方は、月謝制で通うことも可能です。 ただ、受講できる時間数と支払う受講料を考えると、最初に一括で払うより月謝制の方が割高になります。

スクールやコースによって異なりますが、月額9,100円で受講が可能です。
詳しくは無料体験レッスンを受ける際に相談してみてください。


⇒無料体験レッスンを受けよう

【ECC公式ページ】レッスンの詳細、無料体験レッスンの申し込みはこちら