ECC評判・体験談
ECC体験談トップちょっと役立つ英会話コラム>アルバイト、英語で何と言う?

アルバイト、英語で何と言う?

以前ECCでフリータイムレッスンを受けていた時の事です。
ネイティブの先生と仕事についての話になりました。私はアルバイト生活、つまりフリーターなので、 "a part time"と言う言葉を使って説明しました。

私 :I'm a part time worker. (私はアルバイトなんです。)
先生:How long do you work a day? (一日どのくらい働いているの?)
私 :I work for eight hours a day. (8時間労働です。)
先生:How many days do you work a week? (週にはどのくらい?)
私 :Five days a week. (週5日働いています。)
先生:It's a full time job. (それって、full time jobだよ)


確かに、英語の文字通りの意味から考えると、一日8時間働いて、週に5日も働いていたら、確かに"a full time job"と 言うことになるでしょう。
ただし、いくら一日の労働時間が長くても、アルバイトであることに変わりありません。

そこで、日本語の"アルバイト"と英語の"part time job"と言う言葉に付いて調べてみました。

みなさん、一般的には
正社員 = a full time job
アルバイト = a part time job

と、ほとんどの方は習ったと思います。

ただし、結論から言うと、日本語の"アルバイト"は英語の"part time job"と意味が大きく異なります。 また、アルバイトも、時には "full time job" と英訳することもできます。

a part time job

英語の"a part time job"とはどういう意味でしょうか?
文字通りの通り、部分時間、part timeのみ働くと言うことです。

つまり、朝9時から18時まで営業しているスーパーで仕事していれば、そのうちの数時間働いたり、 また、毎日ではなく週2日や3日働いたるすることを"a part time job"と呼びます。

つまり、part time で働いていた人が、週5日、一日8時間働き始めれば、その人はもう立派な、"full time worker"なのです。

アルバイト

それでは、アルバイトとは何でしょうか?
例えば、アルバイトとして会社に入社した人が、週5日、一日8時間働けば正社員になれるのでしょうか?
ほとんどの会社では、労働時間にかかわらずアルバイトはアルバイトのままです。 労働時間が長くても正社員にはなれません。

ただし、アルバイトの労働時間が長ければ"full time job" と呼ぶことは出来ます。

つまり、日本語の"アルバイト"と言う言葉は雇用形態の一つです。
日本に雇用形態には大きく分けると、「正社員」と「アルバイト」が存在し、 アルバイトはあくまで雇用形態なので、いくら労働時間が長くてもアルバイトはアルバイトのままなのです。

(余談として、日本のアルバイトはあくまで習慣的なもので、日本の労働基準法では、アルバイトと正社員の区別はありません。)

英語でアルバイトは何と言う?

それでは日本語のアルバイトを英語に訳す時どうすればよいのでしょうか?

答えは、「アルバイトに当たる英訳は存在しない」です。

そのそも多くの英語圏の国々では日本のような雇用形態の違いは存在しません。 そのため、日本語の"正社員"や"アルバイト"に値する言葉すら存在しないのです。

それでは、英語に訳す時どうすればいいのか?
日本語だと、「私は仕事を持っています」と言うと正社員を連想する人が多いと思います。 アルバイトであれば、「バイトしてる」などと表現します。

ただ、基本的に英語では、正社員とアルバイトとの区別が無いので、すべて"job"と言う言葉でまとめる事が出来ます。 つまり、"I have a job." と言う文章で表わす事が出来ます。

また、アルバイトと同様、「フリーター」と言う言葉も当然英訳はありません。 「フリーター」は日本で作られた和製英語だからです。

英語圏では、まれに、"a permanent part timer" と訳される事がありますが、 あくまで、無理やり訳しただけなので、正確な訳とは言えません。

日本語をそもまま使う?

私は、たまに翻訳不可能な単語を英語に直す時、日本語をそのまま使ったりします。
例えば、「お好み焼き」なんてのもその一つです。 "Japanese pancake"などと訳す場合もありますが、やはりパンケーキと呼ぶのは気持ちの良いものではありません。
お好み焼きは"Okonomiyaki"で良いではないでしょうか。

英語には日本語をそのまま採用した単語がたくさんあります。
例えば"karaoke"や"samurai"、"karate"など英英辞典にも載っているぐらい英語に浸透した言葉と言えます。

個人的な意見ではありますが、 "フリーター"も同じく、英語でフリーターを表現する時に、あえて"furi-ta"などと言ってしまってもいいのではないでしょうか。
日本人の先生からは、「和製英語だから使っちゃダメ!」と注意されますが、英語の翻訳なんて、訳す人のセンスです。

「フリーター」や「アルバイト」に対する英訳が存在しない以上、 "furi-ta"や"arubaito"と言ってしまっても私は問題無いと思っています。

ただ日本人にしか通じない言葉なので、海外では使わないようにしましょう。(笑)
英語圏の国では、正社員、アルバイト関係なく"job"で統一するのが一番です。

ちょっと役立つ英会話コラムに戻る


【ECC公式ページ】レッスンの詳細、無料体験レッスンの申し込みはこちら