ECC評判・体験談
ECC体験談トップ語彙力を上げる強力な3つの方法>英語のセンテンスを丸覚え

英語のセンテンスを丸覚え

英単語を覚えるために、英語のセンテンスやパラグラフを丸ごと覚えると非常に効果的です。
ただ、英語のセンテンスを覚えると、覚える量が増えてしまい逆効果ではないか?と思う方もいるかもしれません。 当然情報量が多ければ記憶する事は困難です。

しかし、情報量ではなく情報の種類が多ければ、逆に記憶を安易にする事も出来ます。
人間の脳と言うのは、単独の情報だけを覚える事が苦手です。 これは脳内の海馬と呼ばれる部分が他の情報との関連付けを行う事で記憶を形成しているためです。

つまり英単語を覚えるのに、各英単語と和訳だけの情報が脳に入ってきても、 記憶として形成されにくいのです。そのため、英単語以外の情報を取り入れる事が非常に友好的と言えます。

例えば、何かの物語の本から引用した英語の文章があるとします。
このセンテンスを覚える際、同時に物語のストーリーも頭に入ってきます。 また、登場人物の感情や、名前、そのセンテンスが説明している状態が目に見える状態で頭に入ってきます。

それだけではなく、その物語に対する、あなたの感情も記憶として一緒に脳内に保存されることになります。 人は感情が動いた出来事を鮮明に覚えている習性があります。

ただ単に、英単語の和約を覚えるだけでは、何も情報もありませんが、 物語の一文は非常には、たくさんの情報を含んでいます。

そのため、こういった英語のセンテンスは非常に記憶に残りやすい文章と言えます。

中でも特にお勧めなのが映画やドラマに出てきたセリフを覚えることです。
映画には非常にたくさんの情報が含まれています。 ストーリーや登場人物だけではなく、音楽や緊張感のある映像などが、 ビジュアル的に頭に入ってきます。 当然あなたの感情も大きく動きます。

また、口と耳を使ったトレーニング でもご紹介したとおり、映画には音声が付いています。
俳優がすべてのセリフをしゃべってくれるため、耳を使った記憶を行う事が安易になり、あなたの記憶に深く定着します。

同じ単語でも、映画に登場した単語と、そうでない単語では、はるかに覚えやすさが異なるのです。

語彙力を上げる強力な3つの方法へ戻る

【ECC公式ページ】レッスンの詳細、無料体験レッスンの申し込みはこちら